敏感肌ガイド > 敏感肌の定義とは|敏感肌ガイド

敏感肌の定義とは|敏感肌ガイド

いくつかある肌タイプの中でも厄介な存在とされているのが敏感肌です。その敏感肌というのは医学的には定義されていません。

その為、「こういった状態になったら敏感肌」という線引きがありませんが、一般的には刺激に弱い状態になったら敏感肌と呼ばれています。

刺激に弱い状態というのは、例えばメイクをする際にピリピリとした痛みや赤みが出てしまったり、すぐにお肌が炎症を起こすなどの状態です。通常の肌状態よりも肌トラブルを起こし易い訳ですので、そういった理由もあり敏感肌はお肌のメンテナンスの際に苦労する存在です。

では、どういった時に敏感肌になってしまうのかと言いますと、原因は大きく内的要因と外的要因の二つに分ける事ができます。まず、敏感肌になる内的要因としては生活習慣の乱れが挙げられます。

刺激に強い丈夫なお肌を作る為には栄養バランスの良い食事や十分な睡眠、そして適度な運動が必要になりますが、そういった要素に乱れが生じてしまう事によってお肌が弱くなってしまいます。

その為、生活習慣の乱れを自覚している時には敏感肌にならない為にも速やかに改善する必要があります。他にも内的要因としてはアトピー体質も挙げられます。アトピーの場合ですとお肌が弱くなっていますので、ちょっとした事で肌トラブルを起こすようになります。

ホルモンバランスの乱れも一つの原因になります。ホルモンというのは丈夫なお肌を作る上で欠かせない存在ですが、ストレスの増加などによってバランスが乱れ、その結果お肌が乾燥し易くなり敏感肌状態になってしまう事もあります。

一方の外的要因としては、お肌に合わない基礎化粧品の使用が挙げられます。スキンケアの際には基礎化粧品を使用するのが一般的ですが、その時にお肌に合わない物を使ってしまうと肌状態を悪くし、敏感肌に傾いてしまう事があります。

特に界面活性剤や防腐剤、香料などの化学物質が沢山配合されている基礎化粧品は刺激になり易いので注意が必要です。他にも外的要因として過剰な洗顔も挙げられます。お肌を磨く為には洗顔が大切になりますが、過剰に洗顔をしてしまうとお肌にとって必要不可欠な脂分や水分を減少させてしまう原因になります。

その結果、お肌のバリア機能が低下してしまい敏感肌になってしまいます。以上のような要素は敏感肌になってしまう要因の一部ですが、そういったポイントに注意する事によって健康的な肌状態を維持し易くなります。